カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

□■【プレゼント梱包致します♪】■□

□無料サービスでプレゼント梱包致します♪□

お気軽にご利用ください。

ご依頼の際は、ご注文フォームを進んで頂くと

【備考欄】が出てまいりますので、そちらにご希望を入力下さい。

下着との出会い

1995年当時、私はオートバイレースの世界にいた。初めて世界GP選手権のオブザーバーとしてマレーシアに行き青木兄弟やノリック(今は亡き阿部典史)が世界にチャレンジした年でもあった。特にノリックはムチャクチャ美人の婚約者同伴で皆と一緒にジャランアローという有名な屋台街で食事をして馬鹿話をしたことを鮮明に覚えている。

公式練習中に一人の日本人ライダーが転倒によりメディカルセンターに運び込まれたのだが、脳震盪を起こしているのか気絶状態・・・ナースがライダーのレザースーツをハサミで切り刻みスーツを引っ剥がした時のことである!スーツと一緒にガラパンも脱げ落ち、惨めなモノが丸出しに!!若いナース達はニヤニヤしながら眺めていた。外人ライダーはビキニブリーフもしくは格好良いサポーターやT バックを履いているのに日本人だけがシワクチャのガラパンであった・・・!!この時に日本と海外での下着に対する意識の違いを見せ付けられたような気がした。翌日、クアラルンプールの下着ショップに格好良いパンツを買いに行ったのだが、日本では見たこともない下着が売っていた。私がチームジャケットを着ていたのでオーナーが声を掛けて来たことからパンツとパドックパスを交換したことが私のパンツとの出会いだった。

数年後、その会社の販売権を買うこととなり自分の望むパンツを作ろうとするのだが失敗に続く失敗!(>_<) 一時は諦めたこともあったがせっかく此処までやって来たのだからと考え直す。以来、生地選びと私の望む生産ラインに対応できる工場を探してマレーシア・タイ・中国・香港・台湾、そして日本国内を歩き回った。そんな時にユニクロさんがシルキードライというインナーを発表するのだが、これがムチャクチャ良い素材なのだが国内で同等の生地を購入するとなるとメーター2千円もする!!どんなに節約しても2枚作ることしか出来ないので生地の原価で1枚千円もしてしまうため断念する。しかし、ユニクロさんが出来て俺に出来ない筈がないと必死に探し回った。

結果として、現在販売している「とろけるパンツ」と呼んでいるBAMEINU・BAM-Jを送り出すことが出来たが、ユニクロという会社はある意味ではアパレル業界や繊維業界に革命を引き起こすパイオニアなのかも知れない。ユニクロのために商売にならないと言う業者がいるがユニクロを妬むだけでは潰れるだけである。

ページトップへ